表面も座り心地に影響する

ローソファーは部屋を広く見せてくれる効果が期待できるとして、注目を集めているインテリアです。選ぶポイントは色々とありますが、座った感覚で選ぶことで快適に過ごせる可能性が高いです。座り心地の良いローソファーには複数の種類がある為、自分で直接座ってみて座り心地がいいかどうかを判断することが望ましいでしょう。座り心地に影響しているものとしては表面の素材が挙げられます。多くの場合、3種類に分かれている為、どの素材を好むのかを確認してから利用してください。その3種類とは、布・合成皮革・本革です。布は優しい肌触りで親しみやすさを、合成皮革、通称合皮は低価格で本革に似た触感、本革は高級感にあふれ、使えば使うほど味わいが増すといいます。

中の素材が座る時に大きな影響を与える

座り心地を考えるうえで外せないのは、クッション材だといわれています。低反発、抗反発など多種存在していますが、自分が座った時にどんな触感が好きなのかを確認する事が望ましいです。価格重視で選ぶ場合にはウレタンのみが入っている物を選ぶと、床に座っているような広々とした感じを味わえます。低反発ウレタンの場合はゆったりとした気分にさせてくれる為、リラックス効果への期待が高いです。長時間座って作業を行うタイプの場合、ポケットコイルやコイルスプリングなど、スプリングが入ったものを選ぶと腰痛対策に最適です。あまり柔らかいものだと足腰のバランスに大きな影響が出るため、注意してください。特に長時間疲れにくいのはコイルスプリングと呼ばれる素材で、長時間座っても疲れにくいといいます。

フロアソファーは、足の部分がない床に直接置くタイプのソファです。座面が低いため部屋を広く見せる効果があって、くつろげるためリラックスできるというメリットが得られます。