部屋を大きく圧迫しないサイズがベスト

ローソファーを選ぶ際にまず確認しておきたいのが、サイズと部屋の広さです。設置する場所によってはローソファーが置けなかったり、置けたとしても部屋を圧迫してしまうという可能性もあります。選ぶ時には部屋のサイズを把握するのはもちろん、ほかの家具やインテリアとのサイズの兼ね合いも検討しなければいけません。その時には単純にローソファーを置けるかどうかだけではなく、部屋の動線も踏まえて検討することがポイントです。 ソファーを置いたことで動線を邪魔してしまうと、ソファーの存在自体が邪魔になってしまうので、設置する場所と動線がきちんとしているかどうか、ほかの家具やインテリアの邪魔にならないかが選ぶ際の基準となります。

購入後の搬入口も注意が必要

ほかにもローソファーのサイズを検討する時に考えなければいけないのが、部屋の搬入口です。ローソファーはある程度組み立てることができるものもあれば、サイズが小さいものだとそのままの形で部屋に搬入しなければいけないものもあります。大きめのものでもかなりのサイズとなっているので、部屋に設置するために搬入口を確保しておかなければいけないのです。それは部屋の入り口や廊下の幅だけではなく、マンションやアパートの場合はそれぞれの入り口や廊下、改装が上の部屋であればエレベーターまたは階段を通るかどうかも確認しておかなければいけません。 もし搬入口とローソファ―のサイズが合わない場合は設置できないので、搬入方法も踏まえて検討していきましょう。

畳にローソファーは違和感なく生活できるのがメリットです。ローソファーは座面が低いため、畳とくつろぐ感覚と同じ感覚で寛ぐことができ、和室の雰囲気を損なわないという特徴があります。